メッセージ欄

分類 【セッションなミッション】 で検索

一覧で表示する

サナギの時計屋さん

st003.jpg
サナギの時計屋さん、もうすぐ24時間オンリーの開店です。
今回並ぶのは
「太古の昔までさかのぼり時計」
P8040243.JPG
アンモ所長のご要望から創り出した時計を
サナギの時計屋さんの店頭で
みなさまにも!!!

アンモ所長は我が時計屋が提供するシンプルなタイプを使っていましたが
P7020310.jpg

今回お届けするのはアンモ所長を彷彿させる殻付きのタイプです。
P7020311a.jpg

時計は全部で22台
古生代の夢が見れるお時計さん11台と中生代の夢が見れるお時計さん11台
お値段はカエル時計やパンダ時計と同じ価格を予定しています。
ご希望があればチャームセットもご用意できます(材料代別)

三葉虫やウミサソリ、アノマロカリス、イクチオステガなどの夢が見たいひとの古生代タイプ
恐竜や翼竜、海竜たちのすてきな世界の夢が見たいひとの中生代タイプ
どちらも見たい人はぜひどちらも手に入れてください。
大きさはいつでも持ち歩けるサイズ(時計の盤面が約10mm 本体約20mm)です

見た夢は朝覚えているうちにしっかり書とめてくださいね。
すぐに忘れてしまうのが夢ですから。

サナギの時計屋さん来店はCo展ページ記事内もしくはバナーからどうぞ。
・・・http://coten.wcs.jp/
2021/08/17 16:38 Update

ちぇこらさんとセッション(ミニスタンド編)

n0201.jpg
町長さん撮影のこの写真を見てください。
この写真でつかわれている木の小さなスタンド。
この作品にとってもお似合いです。

じいっとじいっと見ていてください。
そしたら、この切り株から葉っぱが生えてきて・・・
ke20_01_25g.jpg

こっちにも・・・
ke20_01_25h.jpg

sen506.jpg
素材は梅の木とガラスです。
デスクまわりに、お仕事と手元に【中は何だろう】のかわいい空間誕生。

これらの3アイテムはグラスタウンのCo展で登場します。

2020/01/25 18:32 Update

ちぇこらさんとセッション(スタンド編)

ke20_01_23.jpg
おうちにかえった、【中は何だろう】
安らいで巣食うところを用意してあげましょう。

糸鋸で切り切り、サンドペーパーでコシコシ。

樹形のデザインは山の木をスケッチしました。
ke20_01_25a.jpgke20_01_25b.jpgke20_01_25c.jpg

さあ、出来た!
ke20_01_25f.jpg
組み立て式。
これでおうちも住みごごち抜群。
n1011.jpg
sen506.jpg
樹の部分は約5ミリ厚のアガチス。
台の部分は、ヒノキ。
ヒノキは数年前に台風で倒れたもの。
皮をむいて保存していたものを使いました。


ペンダントに仕立てていない【中は何だろう】も、枝にぶら下げられるようにできますよ。

2020/01/24 11:21 Update

ちぇこらさんとセッション(ペンダント編)

ちぇこらさんこと谷口知惠子さんとのセッションなミッションのご報告。

ただいまCo展で開催中のウェブ作品展、【中は何だろう】では、谷口さんの持ち味が全開。
「うふっ」「うふふ」と笑わせてもらえます。

その「うふっ」「うふふ」をいつまでも存分に楽しむためのしかけが、いそのんのミッション。
sen506.jpg
【中は何だろう】
なかなか小さくてかわいいのです。
樹のうろから発想したっぽい穴の中に居るフクロウさんは小指の爪ほどしかありません。
ガラスの種類はパイレックス。
n0201.jpg

フクロウさんも時にはお外にでかけたい。
そんな時にはこっそり隠れておでかけします。

フクロウの住むうろは樹の葉の間にあるのです。
葉陰のおうちごとゆらゆらとおでかけです。
ke20_01_23.jpg


謎の実にみせかけてのおでかけ。
くるっとひっくり返すと・・・隠れているのは・・・??。
ke20_01_25d.jpgke20_01_25e.jpg
電車の中で、待ち合い室の中で、知らない人が中に気が付いて、うふっとなるかもしれません。


2020/01/24 11:01 Update

こんなところから創ります。

(昨日のつづき)
この袋、羊の毛でつくるのですが、売ってる毛糸は買ってきません。
こういう原毛を紡ぐところからはじめます。
ke19_02_06c.jpg

今回はこの部分から、りっちゃんが担当です。
糸車をまわして紡ぎをスタートです。

細くてカラフルな毛糸を作っていきます。
こういう毛糸は売ってないのです。
ke19_11_05a.jpg

今回は取っ手以外も革をつかいます。

底を革にすることで、細長い形の袋にします。
デザインと制作方法は二人であたまを寄せて相談です。

構想がきまったらサンプルをつくり、まずはいそのんが使ってみます。
(明日につづく)
2019/11/05 19:44 Update
 Home