10月の弘法さん

もうすく毎月恒例の弘法さんです。
新しい作品をみていただきたいのはやまやまですけど、なかなか一足飛びに新作とはいきませんで、ただいま礒野は旧作の打ち込みをやりつつ、次に自分が欲しい宝物(作品)ってなに?とぐるぐる考えております。
あんまり深く考えすぎるとどうも頭の中ばっかりでぐるぐるするので、それでは進まないからとバーナーに向かうと、脱線作品が生まれたりします。

というわけで、今月弘法さんに連れていく中には、そんな脱線作品が2点あります。

今月のラインナップ、脱線作品以外の子から紹介です。

ke18_10_19a.jpgke18_10_19b.jpg
【流流(りゅうりゅう)】(43g)
穏やかな水の流れの流流です。
気のせいか、後ろ側にいる恐キャラの蟲も穏やかに見えます。
流流の中にひきこまれた時のことを考えると、
泳げない人は、流れがゆっくりの方が嬉しいとか。
流流は足の側がウニ殻みたいにもつぼんだ時のイソギンチャクみたいにも見えます。

ke18_10_19c.jpgke18_10_19d.jpg
【八月の蛸】(46g)
足のムチっとした蛸の母さんです。
足の間に卵の房がたっぷりぶらさがってます。
重心がきれいに逆さまで、ぶらさげると蛸が下になります。
ぎゅっと力強い子です。

ke18_10_19e.jpgke18_10_19f.jpg
【菌糸の森のコウイカさん】(52g)
新バージョンのコウイカさんで、外側にツタが巻いています。
いいですよ〜。宝物ですよ〜。

さて脱線玉です。

では1匹め
ke18_10_19g.jpgke18_10_19h.jpg
脱線玉【カメレオン】(44g)
ドラゴンが出てきそうな雲を入れてみました!

もう1匹の脱線玉はダンゴムシちゃん。
こちらもあたらしいやりかたでつくった雲をまとっています。
ke18_10_20a.jpgke18_10_20b.jpg
脱線玉【ダンゴムシちゃん】(40g)

それでは、21日の弘法さんでお待ちしております。
上記の作品については朝10時にご購入のご希望をおうかがいします。
欲しい人が複数人の場合はジャンケンします。
気になる人、実物を見てみたい方は10時より少し早めにお越しくださいませ

弘法さんについて、場所など、詳しいことはコチラをご覧になってください。・・http://iso.cx/appear/syutsubotsu.html

sen506.jpg
注:今月の2Hオークションは弘法さんの次の次の日、23日です。
珊瑚のちっちゃい玉が出ますよ〜、楽しみです。
グラス2Hオークション
バナーをクリック
2018/10/20 9:51 Update

作品【珊瑚】のおはなし その4

ke18_10_15a.jpg
作品【珊瑚】
【珊瑚の産卵】として礒野が世に出してからのち、サバヲが育てるというセッションなミッション。
何年もかけたプロジェクトです。

礒野より色に関するセンサーが細やかなサバヲが、この作品を手がけることで、私一人で育てるよりさらに良い作品になりました。

根底に礒野のテーマと発想があり、仕上げにサバヲの色のセンスと技術の細やかさがある。

毎月色のテーマをきめて発表する【珊瑚】のたまは、今や毎月の私自身の楽しみにもなっています。

さて今回例外的に生み出された小さい【珊瑚】のたま。
いつも弘法さんに来て下さる方たちもこのサイズはごらんになったことは無いのでは?と思います。小さめはつくらないんです。

いつだって親切なサバヲさんですけど「つくって!」って言ってもこれはつくってくれませんよ〜(笑)

というわけで・・・・
今回の2Hオークション、今から公表しておきます。
礒野も欲しいんです。
この4点のうち1点に入札参入します。

ではここからのインフォメーションはサバヲの手から発信されるものをお楽しみください。

礒野とは23日のグラス2Hオークションをごいっしょに楽しみましょうね!

2018/10/17 12:03 Update

作品【珊瑚】のおはなし その3

礒野が生み出した作品【珊瑚】がサバヲの手によってぎゅっと濃縮されて、素敵なたまにしあがりました。
礒野にはできないこの良い感じ、サバヲにはできちゃうんですね。

ke18_10_16g.jpg
光を透すと魔法のように違った表情を見せます。
さらに有機的?

いつものサイズの【珊瑚】を持っていらっしゃる方なら、この作品の良さをしってくださると思います。
【珊瑚】は長くもっていても飽きることなく、2つあっても3つあっても嬉しい作品。
もし小さいのがあれば!とつねづね思ってくださっている方は特に、
ゲットできるかもしれないこのチャンスを逃さないでくださいね。

だれになに色がぴったりかは三者三様。
全く違う性格をもった4つの色の【珊瑚】です。
ke18_10_16h.jpgke18_10_16i.jpgke18_10_16j.jpgke18_10_16k.jpg
自分の色はどれ?と思いながら今月のグラス2Hをぜひ楽しんでください。
(礒野の色はもちろん・・・)
sen506.jpg

作品【珊瑚】のおはなし

【珊瑚】につながるインスピレーションのみなもとは、自然のあちこちにみうけられます。

つい先日八丈島におじゃまして、海や山で撮った写真の中から少しピックアップ。
例えばこんなもの
松かさのお尻ke18_10_16d.jpg
これも木の実ですね。
やはり松かな?
海岸に落ちてました
ke18_10_16e.jpg
これは山のアジサイのつぼみ
ke18_10_16f.jpg
そして海にも潜ったので・・・。
ke18_10_16a.jpg
イシサンゴの仲間だと思います。
こちらも・・・。
ke18_10_16b.jpg
こういうものの魅力を抽出してガラスに置き換えて、持てるようにしたいと考えた結果が【珊瑚】なのです。
2018/10/16 11:43 Update

作品【珊瑚】のおはなし その2

ke18_10_15a.jpg
実は数年にわたってサバヲとセッションなミッションを続けている作品
【珊瑚】 (オリジナルタイトルは【珊瑚の産卵】)
サバヲさんが変わり種の【珊瑚】を4点生み出してくれました。
宝物感をそのままの、いつもよりぐっとぎゅっぎゅっと濃縮したちいさな【珊瑚のたま】です。
今月のグラス2Hオークションを楽しみにしてください。
sen506.jpg
作品【珊瑚】のおはなし
ke18_10_15b.jpg
内部で小さく丸く光っているのは規則正しく仕込んだ空気の泡。
表面につけたつぶつぶがときおりチカリと光るのはガラスに混ぜ込んだ金箔。(写真は2017年サバヲ作【珊瑚】)

南国の海に潜っていると、たくさんの珊瑚を見ます。
藻類を体内に棲まわせて、ともに生きて行く珊瑚。
そばに寄ってみると、小さなお部屋が規則正しくつみかさなってとてもうつくしい。
そして規則正しいのに有機的なのです。

しぜんの中の規則正しく並んだぶつぶつがもつ共通した美しさは大好きで、その規則ただしさだけではない生き物っぽさが魅力的で、そのぶつぶつをテーマにして作品にしたのが、【珊瑚の産卵】でした。

この作品をつくる上でもうひとつ参考にしたことがあります。
海に潜っていると珊瑚同士はどんだけうっそうとしていても、山の木のようにひっついてからまって伸びたりしているのを見ないのです。
のびのびと伸びていても、マイナス極とマイナス極がおたがい距離をとるように、一定の間隔を必ず確保するように、成長するのです。
これはどうも、珊瑚が太陽の光を効率よくうけられるようにすること、そしてこれは一説かもしれないですけれど、珊瑚同士がお互いがお互いを日陰にしないように成長方向を抑制する忌避物質を出しているのではないか?という話もあるのです。
そんなルールがあって成長していることで、出来上がる形の美しさ。

いきもの的な有機感と規則正さをあわせた美しさと雰囲気をめざして出来上がった作品が【珊瑚の産卵】でした。


その後このアイデアと手法はサバヲの手に渡って、珊瑚だけではなく、木の実や木の幹などにイメージをひろげ作品は育っていきました。

sen506.jpg
礒野のお仕立てアーカイブ
さてこれまでサバヲとふたりで工夫してきたお仕立て。
お気に入りバージョンからいくつか選んでお見せします。
ke18_10_15c.jpg
(画像はクリックすると大きくなります)
これは、自分の愛用バージョンです。
シンプルだけど少しボリュームのあるお仕立て。
すっごくお気に入りです。
参考までに
 【珊瑚】12000円 コットン紐950円(9m50cm)あしらいのビーズ500円(10個)

ke18_10_15d.jpg
(画像はクリックすると大きくなります)
これは、自分の愛用バージョンその2です。

1つ目のお仕立てタイプにガラスのお花をひとつつけただけで、ずいぶん雰囲気がかわりました。
少し女性らしい気分を出したい時に愛用しています。
参考までに
かかったお値段は上記のものにお花のビーズ分500円を加えたものです

これをつくった後、ご希望によって、付けるお花の数を2個3個4個とふやしたバージョンもつくりました。
写真も実物も手元には残っていませんので、お見せできないのが残念ですけど、どれもそれぞれに雰囲気が異なってとても良かったです。
2018/10/15 18:36 Update

作品【珊瑚】のおはなし

知ってる人は知っている、いそのんカルトクイーズ(笑)

最近では、カメレオンの「おともだちのおともだち」が礒野とサバヲのセッションなミッションとして記憶に新しいですが、実は数年にわたってセッションなミッションを続けている作品があります。

礒野が作品として最初に世に送り出し、サバヲにタッチ。
サバヲがその作品をさらにシェイプして、皆さまにお渡しし、
時にはその作品に再び礒野が手出ししてお仕立てで新しい楽しみかたをみていただく。

そのような作品の代表的なものは?

答えはこれ。
【珊瑚】

記事のタイトルがそのまま答えで、バレバレですね。

実はサバヲさんが近々変わり種を数点だけ手がけるらしいです。
宝物感をそのままに、小さいものをつくってくれるらしいです。

ではではこの機会に数回に分けて、この珊瑚(オリジナルタイトルは【珊瑚の産卵】です)という作品について復習を兼ねた読みものを連載します。
2018/10/14 7:58 Update