いそのん劇場【博物館から帰ってきました】

月末にあたり、今月10月11日にやまのパンダ屋のはなれにて開催されたいそのん劇場のご挨拶をご紹介します。

sen506.jpg
ke20_10_28a.jpg

【博物館から帰ってきました】

弥生文化博物館の3ヶ月の展示から、礒野の作品達がここに帰ってきました。
会期中、博物館を訪れた方は、この作品達を、ガラス越しにじっくり鑑賞してきてくださったかと思います。

さて、今回のいそのん劇場は、その作品はどのようなシチュエーションで見られる事を想定して生まれたのか?
ということに注目して見ていただこうという趣向です。

美術館をめぐって、たくさんの絵画や彫刻と出逢った時、どのようなシチュエーションで見られる事を想定して
その作品が生まれたのか?を意識して観るととても面白いものです。

6畳ぐらいの部屋で家族で見ていただくつもりの作品。
大きなホールでたくさんの人に見ていただくつもりの作品。
旅の荷物の中に入れて先々で祈りを捧げるための作品。
ろうそくの灯りやランプを想定したもの、太陽の光を想定したもの。

創り手や描き手の意図を想像して、そうあるべき場所にあるその作品を想像して鑑賞すると、いろんな事がふにおちて、さらにその作品に魅力を感じるかと思います。

私が今、多く生み出しているのは、だれかの手の上にあって手と目で観てもらうことを想定して構築した作品です。

今、博物館という晴れの舞台から、ここに帰ってきた子たち、だれかの手の上にあるべきと思って創られたその作品たちを、ぜひ手に取って、その手触り、その重み、ガラスの持つ冷たさが体温を吸ってだんだんに暖かくなるその変化、そしてその曲線や、角度を変えた時に変わる見え方を
ぞんぶんに味わい、さらに博物館での展示との感じ方の違いを意識して観ていただこうと思います。

今日展示しているものは、上記の弥生文化博物館からここに帰ってきたものだけではなく、
今月のグラス2Hオークションで、守り手を探す【百年サナギ】
そして、今月もネットでの開催となった 弘法さん の作品達。

最終的にどなたの手におさまるかわからないものですが、今日この場所では皆様のものです。
そう思ってこの子たちを一日かわいがってくださることをよろこびとして
今月のいそのん劇場を開催いたします。

2020年10月 礒野昭子
ke20_10_28b.jpg
2020/10/30 10:11 Update

いそのんのネットで弘法さんジャンケン抽選大会

お待たせしました。
なかなか決着のつかないジャンケンのマラソンがおわりました。
ただいまから、皆様にメールで結果をご報告いたします。
嬉しい結果をお知らせするのは嬉しく、残念な結果をお知らせするのは残念ですが、皆様とこういうかたちで、つながれるのは創り手としてとてもありがたいことです。
今回もたくさんのメッセージを添えてくださってありがとうございました。
では結果メールをお待ちください。(21時39分)

sen506.jpg
toji3.jpg
いそのんのネットで弘法さん、受付け終了しました。
たくさんのみなさまのご参加ありがとうございました。
21:00

では、これからジャンケンとまいります。

ジャンケンの結果が決まり、皆様へのご連絡が終わりましたらこのページでそのことをご報告いたします。


ジャンケンの方法は・・・

これまでと同じく3匹のカエルさんに登場していただきます。
こちらが、カエルの「ぐー」と「チョキ」と「パー」です。

ke20_4_21a.jpg
3匹にはいそのんに見えないようにカゴに入っていただきます。
ke20_4_21b.jpg
これでスタンバイ。

お申し込みには作品名と、グー、チョキ、パーのいずれかを書いていただきました。

例えば、【蛙、海のカケラを抱く(明るい緑)】に、30名がエントリーした場合。

いそのんが、カゴの中を見ないで、1匹を取り出します。
それが黒のグーだった場合、30人のうちパーの人だけが勝ち残ります。

そしてその勝ち残りのパーの人が複数の場合、いそのんとの1対1の戦いになります。
勝ち残った方は全員パーですが、いそのんにそれぞれ何が出るかはわかりません。
そして少ない回数で勝った方が優勝。

【蛙、海のカケラを抱く(明るい緑)】の持ち主となります。

では、ただ今から勝負です。
実況できないのが残念です。
勝負が終わり次第、メールで結果をご連絡します。
たくさんの方が参加されているので、一人一人の方には短いご報告となります。

当たる方も当たらなかったかたも、「やったーさん」も「がっかりさん」も、このひとときのわくわくをぜひとも楽しむ気持ちでお過ごしくださいませ。


sen506.jpg
2020/10/21 21:40 Update

いそのんのネットで弘法さん お申し込み方法

お待たせしました。
いそのんのネットで弘法さん、お申し込みスタートです!
toji3.jpg

注意:蛙さんは2匹います。
   明るい、渋い、どちらかわかるように書いてくださいませ!


【いそのんのネットで弘法さん】今月の作品です

ke20_10_16a.jpg
【大地の記憶】¥50000(税込み 送料別)
紹介ページはコチラ・・・http://www.iso.cx/kero/0534



ke20_10_17a.jpg
【蛙、海のカケラを抱く(明るい緑)】¥46000(税込み 送料別)
紹介ページはコチラ・・・ http://www.iso.cx/kero/0535



ke20_10_18a.jpg
【ご近所さま(イノシシ)】¥35000(税込み 送料別)
紹介ページはコチラ・・・ http://www.iso.cx/kero/0536



ke20_10_19a.jpg
【森に棲むもの(おサカナ)】¥50000(税込み 送料別)
紹介ページはコチラ・・・ http://www.iso.cx/kero/0537



ke20_10_20a.jpg
【蛙、海のカケラを抱く(渋い緑)】¥45000(税込み 送料別)
紹介ページはコチラ・・・ http://www.iso.cx/kero/0538

sen506.jpg

お申し込み方法

こちらの作品の中から欲しいと思った子を1匹をお決めください。
グー・チョキ・パーのうちどれかひとつをお決めください。

kaeru@iso.cx に宛て、メールをお出しください。

例)

件名 いそのんのネットで弘法さん
本文
【蛙、海のカケラを抱く(明るい緑)】が欲しいです。
ジャンケン、チョキです。

お名前
送り先ご住所
メールアドレス (礒野からのPCメールがとどくもの)

店頭でちょいと礒野とおしゃべりするようにコメント、メッセージなど、がついていると嬉しいです。(抽選には影響しません、礒野が嬉しいだけです^_^)

(お申し込みいただいたメールにはかならず返信さしあげます。
半日経って返信のない場合は再度ご連絡くださいませ。)
そのほかご質問などがございましても、お気軽にメールくださいませ

sen506.jpg
お申し込み締め切りは21日午後9時
ご希望の方が複数の場合はジャンケンを使った抽選でご購入の方を決めさせていただきます。
結果がでましたら、メールにてご連絡さしあげます。


sen506.jpg

今月開催の企画
詳しい日程や開催サイトのご案内は、とりまとめてコチラで掲載しています。
gt.jpg・・・http://town.wcs.jp/
2020/10/20 13:26 Update

いそのんのネットで弘法さん蛙さん追加

いそのんの5匹目の登場です
蛙さんがもう1匹誕生です。
sen506.jpg
【蛙、海のカケラを抱く(渋い緑)】約44g
45000円(税込 送料別)
ke20_10_20b.jpg
ke20_10_20c.jpgke20_10_20d.jpg
ke20_10_20e.jpgke20_10_20f.jpg
(写真はクリックすると大きくなります)

今度の蛙さんは見ての通り、いつもより色が渋い目。
この色の蛙さんはいままでに数匹だけ登場しています。
指先は明るい黄緑色。

この半年間、いままで京都は遠い〜とリアル弘法さんにはいらっしゃらなかった方々が、喜びのメッセージを添えてこのネットで弘法さんに参加してくださっています。
それはそれは嬉しいものです。
そういう方たちが、一番にお迎えしたいと言ってくださるのがこの「蛙、海のカケラを抱く」
今月は2匹生まれました。

ネットで弘法さん、気楽に参加できるのがいいとこですけれど、ぜひリアルが再開したらリアルにも訪ねて来てくださいね。
ともにジャンケンをする仲間のお客様たちがなぜかあったかくてなごやかなのです。
それが、私のなによりもの自慢!

大きさは一番直径が大きいところで約33mm
小さいところで30mm
幅が約29mm

蛙さんはどちらも、ぶらさげ重心が逆さです。
なので、ネックレスなどの連れ歩きにするときは、穴に通した紐を蛙の背中側で一度絞るか、「連れ歩き袋」にいれてあげるのもおすすめです。
(連れ歩き袋は別売りです。どういうものかはカテゴリーから「連れ歩き袋」の記事を見てみてください)

この子はジャンケン抽選販売
お申し込み方法は20日に発表です。
お申し込み締め切りは21日夜9時の予定です
sen506.jpg

今月開催の企画
詳しい日程や開催サイトのご案内は、とりまとめてコチラで掲載しています。
gt.jpg・・・http://town.wcs.jp/
2020/10/20 13:27 Update

いそのんのネットで弘法さん4匹目

本日は4匹目の紹介です
sen506.jpg

【森に棲むもの(おサカナ)】約43.6g
50000円(税込 送料別)
ke20_10_19b.jpg
ke20_10_19c.jpgke20_10_19d.jpg
ke20_10_19g.jpgke20_10_19f.jpg
(写真はクリックすると大きくなります)

【森に棲むもの】のしっぽちゃん。
外形は、山の水場に棲むサンショウウオ。
そして中の世界には、やはり渓流などにひっそりと棲む小さな魚が3匹。
そしてワラジムシのごとくのモゾゾが2匹棲んでいます。

目が普通の2つに、ちっちゃいもう2つ、
計4っつあります。
普通の目は私達と同じ世界を見てますけれど、
ちっちゃい目からは私たちに見えない何かがみえるんです。

そもそも目が見ているものっていうのは脳が情報を整理したもの。
生き物によっては目そのものが違うし、脳がその生き物にとって必要だと思う内容も違う。

そう思うと自分が見ているつもりのものがとっても偏ってるにちがいない、じゃあほかの皆には世界はどう見えているのだろう?と想像してみたりするのも楽しいこと。

ヒトの世界を離れて、時にはサンショウウオになったり、時には小さなサカナになったり。
意識をいろんなところにもっていってみたらどうでしょう?

この3センチほどのガラスの塊を見ながら、そんな遊びも楽しかろうと思うのです。
いそのんの提供するのは目と心のストレッチ。

さてこの個体、少し不安定ながら背中を下にごろんと寝転びます。
硬いテーブルの上などでしたら、少し厚みのある布などを敷いてやると安定するでしょう。
窓などを背景に置いてやると、しっぽのあたりが青みの光で、ガラスの楽しさいっぱいです。

ぶら下げるとお花を上にしっぽを下にした良い重心。
大きさはシッポを入れた一番直径が大きいところで約35mm
顔の幅が約27mm
くるっと丸まった厚みが約30mmです。

この子はジャンケン抽選販売
お申し込み方法は20日に発表です。
お申し込み締め切りは21日夜9時予定
sen506.jpg

今月開催の企画
詳しい日程や開催サイトのご案内は、とりまとめてコチラで掲載しています。
gt.jpg・・・http://town.wcs.jp/
2020/10/19 14:24 Update