メッセージ欄

2021年5月の日記

一覧で表示する

予告「サナギの時計屋さん」

st003.jpg
サバヲといそののセッションなミッション、「サナギの時計屋さん」が明日、グラスタウンのCo展のページで24時間オープンします。

これは森に生えるキノコのように、草葉の影に生えるキノコのように、突然ポッと現れて、そして消えていくお店です。

オープンは明日19日の夜8時から24時間。
早い者勝ちではありません。

ke21_5_18b.jpg
1年サナギの時を計る・・・・・

時計というモチーフには、時間に関わるいろんなイメージがあります。

こういうふうに、それぞれが意味をもつモチーフをつなげてやると、言葉を並べて創る詩や物語のようなものが出来上がってきます。

ke21_5_18a.jpg
うちの子さん、スケジュールの管理は大変ですね。

では、明日の開店をお楽しみに!
Co展はコチラーーー>http://coten.wcs.jp/
2021/05/18 15:16 Update

【ナギ】

ke21_5_3e.jpg
【ナギ】
これはいったいなんでしょう?

曖昧・・・・・
不可思議・・・・・

お人形でない。
装飾品でもない。
重みのある、でも小さくて手の上におさまる塊。

ke21_5_3d.jpg

穴有りの【ナギ】はサナギの「奇妙さ」と「偶像のような神々しさ」に注目して生み出したもの。
穴無しの【ナギ】はサナギの「奇妙さ」と生き物好きにとっての「かわいさ」に着目して生み出したたもの。

見る人、持つ人、所有する人に曖昧さと不可思議さのもたらす気持ちよさと、
たくさんの想像の余地がこの子から伝わって欲しいと創り手礒野は思います。
ke21_5_3a.jpg
【ナギ】のガラスとしての魅力は、光をつかまえて目で楽しむもの。
透かしてみる、覗いてみる。
【ナギ】によってできる光の影を見る。

触った時の冷たさが、ゆっくりと手の温度になってくるのをあじわう。
手触りや握った時に感触を楽しむ。
そして触っているうちに手から出る水蒸気で、表面がしっとりと透けてくるのを見る。
ke21_5_3b.jpg
そして無垢のガラスだから、朽ちにくく、何千年もそのカタチをとどめるだろうということを意識してみる。
ke21_5_3c.jpg
この「奇妙なもの」がある空間は、何かが少し変わるかもしれません。


穴なしの10匹の【ナギ】のこの先は、スタヂオiにてごらんになってください。
この先カエル星人が、あーだこーだと1匹ずつ紹介してくれることでしょう。
  スタヂオi・・・・>http://iso.wcs.jp/

ガラスのうんちくをまじえた礒野からの紹介と説明は4月のいそのん劇場の記事でごらんになってください。
  いそのん劇場【43匹のナギ】・・・>http://www.iso.cx/kero/0580
2021/05/03 20:34 Update