メッセージ欄

2014年12月の日記

一覧で表示する

12月の弘法さん

今年最後の弘法さんです。

今年も一年、皆様にはお世話になりました。
思い起こせば、今年はいろいろありましたね〜。

それだけに、皆様からいただくパワーをありがたく思った一年でもありました。
あらためて、ありがとうございます。

さて、今月連れて行く子達です。

ke14_12_19a.jpgke14_12_19b.jpg
「ちびくまの森」のちびくまさんが2匹。
キノコのたたずまいと、粘菌の部分の色が違うので、手に取ってよく見比べてくださいね。
このシリーズは、身につけると特に可愛いんですよ。
私も、この21日には身につけていこうかと思います。

ke14_12_19c.jpg
「蛙、海のカケラを抱く」のカエルさん。
海のカケラをガバッと抱え込むようなカエルさんで、少し目の大きな子。
中もすごくきれいです。
つくってて、自分で天才!って思っちゃいます。

ke14_12_19d.jpg
「蛙、海のカケラを抱く」の こちらは緑カエルさん。
久しぶりに、カエルが少し小ぶりで、海のカケラの上に乗っかってるよ〜って感じなんです。
しがみついてるってふうにも見えますね。

ke14_12_19e.jpgke14_12_19f.jpg
進化のおはなしシリーズから「おでぶのステガちゃん」
横からみた写真で、いつもと違うこの子の特徴わかってもらえるかな?


そして、満を持して登場。
年末ですもんね。
「てんてけてん」です。

ke14_12_19g.jpgke14_12_19h.jpgke14_12_19i.jpgke14_12_19j.jpgke14_12_19k.jpgke14_12_19l.jpgke14_12_19m.jpgke14_12_19n.jpg
総勢8匹(人?)ke14_12_19o.jpg

この他にも、ビーズバッグの本「和のビーズと鑑賞知識」を数冊と、オリジナル手ぬぐい3種類などなど持って行きます。

それからTさん、お仕立てできてますよ〜。

では、21日の弘法さんでお待ちしております。
朝10時に欲しい人ジャンケンします。
気になる人、実物を見てみたい方は10時より少し早めにお越しくださいませ

礒野は昨日失敗があったので、これからもうちょっと頑張ってみます。
エイエイオー
2016/03/10 19:26 Update

12月のパンダ屋さん

この週末の14日は、第二日曜日、パンダ屋さんに礒野が出没する日です。

やまのパンダ屋 http://glazo.net/yamanopandaya/



パンダ屋さんでは、礒野が創ったとんぼ玉作品の販売はありませんが、サバヲの作品と楽しいおしゃべりのひとときが、皆様をお待ちしております。

このパンダ屋さんの晩は不動産屋さんになります。
つまり「バラの花咲くおうち」の抽選日なのです。

こんなふうにウェブで発表すると、日本中の方に見てもらえる可能性があるのが嬉しいです。

行くすえはどなたかの専属のおうちになるわけですけど、この一週間は作品発表も兼ねて、このサイト、サバヲのサイトを見ている方におひろめできたわけですから。

週末のパンダ屋さんでは実物もみていただけます。


M・Nさんの珊瑚の玉のお仕立て出来ましたよ〜。
あこがれの黒です。
お洋服との取り合わせを考えるのが、きっと楽しいですよ。


もし、電車でお越しになるかたがおられましたら、当日の夜明けまでにメールください。
(kaeru@iso.cx)
海南駅までお迎えにいきます。
2016/03/10 19:27 Update

「和のビーズと鑑賞知識」

ke14_12_12.jpg

出版物のお知らせです。

誠文堂新光社から「和のビーズと鑑賞知識」という本が出ました。
著者は似内惠子さん。
京都古布保存会の方です。

この本の主役は「ビーズバッグ」

いつのころからか、あまり見かけなくなった「ビーズバッグ」
昭和の半ばころまでは和装とあわせてあちらこちらで見かけたものです。

そのビーズバッグをメインに、ほぼ300ページのほとんどが写真で構成されています。
きれいな細工物が好きな方には絶対永久保存版な本。
私にとっても「たまりません〜」なご本です。

そのご本のトリの6ページを、現代の和のビーズとして礒野のとんぼ玉の作品が埋めています。

お値段は税込みで3456円
アマゾンで、購入できます。
(下記をクリックするとアマゾンの販売ページにいくことができます)
http://www.amazon.co.jp/%E5%92%8C%E3%81%AE%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%A8%E8%A6%B3%E8%B3%9E%E7%9F%A5%E8%AD%98-%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0%E3%81%AE%E6%84%8F%E5%8C%A0%E3%80%81%E5%88%B6%E4%BD%9C%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%80%81%E7%94%B1%E6%9D%A5%E3%81%8B%E3%82%89%E7%9D%80%E7%89%A9%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%8F%96%E3%82%8A%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%81%BE%E3%81%A7-%E4%BC%BC%E5%86%85-%E6%83%A0%E5%AD%90/dp/4416714548

中身を見てからという方は、パンダ屋さん弘法さんで実物を見てからお求めください。
見ていただくのが楽しみです。
2015/11/20 15:46 Update

「バラの花咲くおうち」続き

パンダ屋さんのサイトでご紹介中の「バラの花咲くおうち」

このバラの咲くお庭とそこに建っている小さなおうちという構想は、

例えば「秘密のお庭」だったり、

例えば「きれいな空気とあたりの自然とともに優しい気持ちで暮らす田舎家」だったり、

「自分にそういう場所があったら嬉しい」という心の片隅にある小さな宝物のようなあこがれをカタチにしたものです。

これを付ける人には身を飾る以上の気持ち良さ、ドキドキワクワク、安らぎを、とねがって思いついた作品なのです。

昨日までに7軒全部が紹介されましたね。

7軒目の赤いバラのおうち、お城だとみなさん気づいておられたでしょうか?
この赤いバラの作品だけ、上記のコンセプトからちょっと外れています。
サバヲさんのつくった満開のバラの数々の中で、赤いバラだけはついお姫様〜って思っちゃったんですね。
イバラ姫とか美女と野獣とか(^_^)

小ぶりの部品で、デコラティブなお城はちょっと、、、という思いから、自分の思い出の中にあるイギリス北部の荒野に建っていた物見の塔(?)みたいな、お城になりました。


これらの作品、身につけるたびに、その人に笑顔が浮かぶといいなあ。

「バラの咲くおうち」をまだご覧になってない方は「やまのパンダ屋」ブログに訪れてみてください。
12月12日(金)〜12月14日(日)午後8時までが、お申込み期間です。

やまのパンダ屋・・・http://glazo.net/yamanopandaya/
2016/12/08 23:31 Update

【バラの花咲くおうち】

サバヲとの共同企画のお知らせです


スペシャルネックレス【バラの花咲くおうち】
ke14_12_2a.jpg
バラの咲く庭の
小さな秘密のおうち
暖炉のあるおうち


詳細は12月2日からの「やまのパンダ屋」ブログ記事をご覧ください。

やまのパンダ屋・・・http://glazo.net/yamanopandaya/

庭付き一戸建て おうち売ります
ゆっくり のんびり 過ごす為の あなたのおうちです
2016/12/08 23:32 Update