メッセージ欄

分類 【スタヂオi】 で検索

一覧で表示する

とうとう最後のココニちゃんが完成しました。

今日は【大地の記憶】のおはなしはお休み。

そのかわり、スタヂオiの「ココニはどこに」のおはなしに脱線です。

さて
とうとう最後のココニちゃん達の、ココニメディエーターさん募集のカウントダウンがはじまりました!

思えば「これから半年【ココニはどこに】におつきあいよろしくお願いします」と書いてからなんと一年半は経っているんですよね。

あらまあ(汗)(くだんの記事はコチラ・・・http://www.iso.cx/kero/066

最後の三種類のココニちゃんたちは、それぞれ、アオウミガメ、でんでんむし、アオリイカで、どれも自分が自然の中で自然の状態で共に過ごしたことのある生き物達です。

だからこそ、ココニちゃんとして生まれちゃったわけですけど、ほんと、奇妙な可愛さの子達の誕生で、ほんっと自慢です。

この子達のココニメディエーターさんにはどなたがなってくださるのでしょうね。

お申し込みのお手紙締め切りは24日のお昼。
いそのんはみなさまのお言葉を楽しみに待っております。

そして、スタヂオiではまだ他にも何かあるようですよ。
ぜひ毎晩の記事更新を楽しみにチェックしてください。

スタヂオi・・・

ke15_4_23a.jpgこの子がすべてのおおもとになった「ココニイルヨ」
2016/03/21 21:45 Update

「ココニイルヨ」のお話を図解してみた

昨日予告していた図解です。
クリックすると大きくなります。

ke15_4_23d_800x566.jpg


ke15_4_23a.jpgココニイルヨ
ke15_4_23c.jpgke15_4_23b.jpgココニちゃん
ke15_4_23g.jpgココニダマ
ke15_4_23i.jpg小ココちゃん
ke15_4_23h.jpg小ココだま

「単語の意味がわからへんわ〜」「ややこしいわ〜」という場合は、スタヂオiに用語辞典をつくってあります。
まだまだ不十分ですけど、少しづつ充実をはかっています。
覗いてみてください。

2016/02/11 20:04 Update

創作のカケラ【モリアオガエル】のこと

ただいま、スタヂオiで進行中のおはなし「ココニはどこに?」の中にたびたび登場する創作のカケラ。

今回は「モリアオガエル」の卵塊なのですが、皆さんおわかりになったでしょうか?
ke15_2_5a.jpg
水辺の樹の上にアワアワをつくって、その中に卵を産みつける。
子供はその中で孵って、オタマジャクシになってから水の中へと上空からダイビング。
この不思議な産卵はいろいろなところで紹介されていますから、ご存知の方も多いでしょう。

実際に産みつけられたアワアワはというと、綿菓子のフワフワでもなく、シャンプーのアワアワでもない。
もうすこし、もちーっとした感じがしました。

では、この創作のカケラを拡大してみます。
ke15_2_5b.jpg

真っ白に見えた部分、実はアワアワです。

も少し拡大
ke15_2_5c.jpg

これは近所の田んぼでわけてもらった藁を焼いてできた藁灰を、溶けたガラスに練り込んで発泡させてつくったものです。
その上に透明のガラスをさらにかぶせたので表面はつるっとしています。
かぶせない方がもっとリアルだったんですけどね。(表面のアワアワがはちけるのをふせぐ為の処理でした)
でも焼け残った藁灰のカケラの小さなつぶつぶが、樹のくずとかに見えてリアル。

生まれたオタマさんたちは、飛び出す日までほとんどがアワアワの中に居るのですけど、飛び降りる寸前でしょうか?こんなふうに外にへばりついたりするのです。

さて、この「創作のカケラ」例にもれず、どなたかに抽選でプレゼントすることになります。

楽しみにしていてください。
ke15_2_5d.jpg
手作りのマッチ箱入り!

<ースタヂオiはコチラ
2016/02/11 20:08 Update

「ココニはどこに?」のこと

現在【スタヂオ-i】と【Co展】で登場中の「ココニちゃん」たちについてすこしおはなしを。

この作品達は、この春から実験をすすめながら製作していた「ココニイルヨ」をベースにして生み出した子達です。
     ke14_11_18f.jpg..ベースになった作品「ココニイルヨ」(これはあばれ玉)

「ココニイルヨ」のココニちゃんは、本来カタチが無類にある命そのもののつもりです。

そして、【スタヂオ-i】では、ホレデロ・ポンの力を借りて(?)「ある特定の生き物の要素」を織り込んだものが生まれ出したわけです。

制作にあたり選んだ生き物はもちろん、何らかの形で私自身に喜びや感動をくれたモチーフで、
ちゃんと自分でふれあって、出会いの経験をしたものに限定しています。
そうでないと、気持ちのこもり方がやっぱり違いますもんね。

そして、モチーフを決めたら、心に深くイメージを描き、バーナーにむかい、ほぼ一発芸でつくりあげました。
こういうことができるようになったのも、もう20年近くになるガラスとの経験のたまものでしょう。
    ke14_11_20a.jpg..ホレデロ・ポンから生まれた変化系のココニちゃん「カスミサンショウウオのココニちゃん」

【Co展】に登場している「ココニダマ」はその変化する【スタヂオ-i】のココニちゃんを見て、町長さんが
「ココニちゃんってなんだろう?」と妄想したおはなしへの共感がきっかけで生まれました。
こちらもまた、心に深くイメージを描き、一発芸で作り出しました。
        co14_11_15e.jpg..カタチをとらないココニちゃん「ココニダマ・・チョコン」 

そして、今回この企画に際して、できるだけ沢山の方にココニちゃんをそばに置いていただけるように、「小ココちゃん(コココちゃん)」をサバヲさんにつくっていただきました。(サバヲさんは安心して製作をおまかせできるつくり手さんなのです)
ke14_11_20b.jpg..サバヲさんにつくってもらった「小ココちゃん」     

同時発表なので、混乱させてしまっちゃったかもしれませんけど、みんな根底のテーマは同じです。

・・・・.みんなつながって、ココニイルヨ     
2016/03/10 19:27 Update

ココニちゃん(セイボウ)登場!

スタヂオiでくりひろげられているカエル星人のミッション「ココニちゃんを探せ!」(本当のタイトルは「ココニはどこに?」です)は、のんびりあたふたと進んでいます。
昨晩はとうとう一匹目のココニちゃん(セイボウ)の姿がちらっと登場したようです。

実は生まれてくるココニちゃん達には、いそのんがどこのどんな生き物のことを考えながらホレデロ・ポンをかぶったかがとっても影響するみたいです。

新作を考える時っていろんな生き物が頭の中をぐるぐるするんですよね。
今回のココニちゃんのシリーズを考える時は実際にみたことのある生き物ばかりを頭に思い浮かべました。

ちなみにこれが、本来のココニちゃん(作品タイトル「ココニイルヨ」)
ke14_10_2.jpg
透明部分が多いので写真ではカタチがわかりにくいですけど、かわいいんですよ。



2016/03/10 19:30 Update