新作でんでんむしの【ご近所さま】

ke21_7_17a.jpg
今回はつお披露目の【ご近所さま(でんでんむし)】は
びっくりなくらい軟体部をアピールのデフォルメでの誕生です。

なぜ?なぜそこまでデフォルメ?
実は殻だってほんとうは好きなんです。

私は「大好きだもの、拉致監禁」は考え方としてこわいよね?ということで「生き物を自然界から連れて帰らない」と決めています。(食べる時は別です)

なので自然界から持ち帰る宝物コレクションは、昆虫のご遺骸、ウニ殻、貝殻、そしてデンデンムシの殻。
何年もの間すこしづつ拾い集めた結果、少しずつ違いや多様性が見えてきたりしているところ。

それでもそんな中、よくよーく考えてみたらやはり自分の興味の一番は、分類じゃなくてその生き物の仕草、そして生き方。

そんなこんなで、動きの本体、むちっとした軟体部と中に広がるしっとりとしたキノコ環境で構築の【ご近所さま(でんでんむし)】は誕生することになりました。

アスファルトやコンクリートで水はけの良い住宅地などではで、デンデンムシって今でも居るの?と言われることもあるこんにち。
でも、今も居るところにはいっぱい居て、驚いて片目をひっこんだり、ゆっくりゆっくりむぐむぐしながら移動していったりしております。

明日26日にグラスオークション2Hで、登場する【ご近所さま(でんでんむし)】
どなたかの宝物になりますように。

ke21_7_19b.jpg

グラス2Hオークション・・・http://2h.wcs.jp/

でんでんむしには種類によって、地面にばっかり居る子、草の上でいつも見る子、石やコンクリの側に居る子、樹の上でばかり見かける子、が居ます。
ブルーシートやガードレールが好きな子も居ますね。
2021/07/25 23:33 Update
 « Newer   Home   Older »