今月の中間報告

今月の中間報告です。

先日のパンダ屋さんはてんこもりで、とても楽しい2日間でした。
籾殻で野焼きの素焼きは、なかなか火の回りが遅くて心配でしたけど、これが1昼夜かけてゆっくりゆっくりとすごくいい出来にやけました。

出来上がりの状態は素焼きで素朴。
水には溶けないけど、水を吸い込む、と言った状態です。
真黒に焼き上がったのが美しいです。
ke20_2_15.jpg
上のトリちゃんは、同じ黒に仕上がったものを薪ストーブで2度焼きしたもの。
翼がとれちゃいましたが、その後の手術で完治しました。

いそのん劇場は【ちいさなお話し】と題して、素焼きの作品、石粉粘土の作品、ガラスの作品に小さなお話しを添えて展示しました。
ke20_2_15b.jpg
(いそのん劇場の常連の出演者ドグウちゃん)
絵本好きの方々には特に楽しんでいただけたようです。
ke20_2_15c.jpg
「見てごらん・ぼくがそっとかかえているのは・はるか昔の大地の記憶」会場でのおはなしより)

さて、で、次なる作品ですが。。。
最近の自分の頭の中は、【森に棲むもの】のしっぽちゃんともつながる【いそのんのご近所さん】についてのいろんな思いが渦巻いています。

今も目の前で梅の花を揺らして、メジロをはじめとするたくさんの種類(もう名前もわからないくらい)のコトリたちが姿を見せています。
定番のご近所さんです。

朝になると、「何かのタネでも蒔くかい?」といわんばかりに庭の土が掘り返されています。
イノシシさんが数家族、これもご近所さんです。

けさは小動物をちらとみかけました。
リス?ムササビ?
ムササビは確実に棲んでいます。
あまり姿をみせないご近所さんです。

他にモグラ、カモシカ、タヌキ、ノウサギ、日本アナグマ、テン、キジ、イモリ、サンショウウオ、何種類ものカエル、虫たちときたら、名前をあげだすときりがない。
みんな私のご近所さんです。

姿を見ない時も、彼らのことを思うとあったかくなります。こころ?脳みそが。

作品創りは魔法修行みたいです。
いそのんの魔法は、この気持ちをふるいにかけて、凝縮することからはじまります。

よくわからない話しを長々とおつきあいありがとうございます。

あ、報告です。
今月の弘法さんも【ちびくまの森】出現です。
2020/02/15 15:35 Update