11月の通りゃんせ

柿がおいしい秋ですね。
和歌山の富有柿(ふゆがき)は絶品です。
そしてじつは肥料もなんもやってない、サバイバルな柿の方がより美味しいんだそうです。

でわでわ、今月の通りゃんせに連れていく作品をお知らせします。
まず、【土に還る】のスカラベちゃん、鼻長くんです。
スカラベの体の色はいつも地味ですけど、そして今回も地味ですけど、これ、実はこっそり凝った色なんですよ。
単色に見えて単色でないんです。光が全部に抜けた結果、この色に見えるというもの。
上手に光をつかうと、スカラベちゃんの黒っぽいカラダに中にオリーブ、そして紫やグレイもみつけることができます。

それから【蛙、海のカケラを抱く】のブルーグレーの透ける子。
まるっとしてます。クラゲもプリッとしてます。

そして【桜の花まで飛べました】のステガちゃんでピンク色です。
この子は今月末のボダイジュエキスポというイベントにかこつけて、めったにつくらない色の子をつくってみたというもの。
今回は弘法さん、ボダエキスポ、通りゃんせに各1匹づつ計3匹だけの製作です。

では週末にお会いしましょう~。
このあたりではその日、津波の防災訓練があります。
サイレンが鳴り響いても心配ご無用です(^_^)
2016/12/09 0:03 Update