8月の弘法さん

さあて、今月21日弘法さんに連れて行く子が、だいたい決まりました。

「蛙、海のカケラを抱く」は、緑の子とブルーグレーの透明の子
「おでぶのステガちゃん」のステガちゃんは水色。
「土に還る」のスカラベちゃんは擬眼のついた子。
「八月の蛸」の蛸さんは卵を抱いていますし、
「桜の花まで飛べました」のステガちゃんもいます。
ぷりっとかわいい堅太りタイプです。
飛ぶんですからね、いい筋肉が必要なんです。
そして「鯨頭石」は目の位置のせいでちょっと変な顔。
中に仕込んだの深海の熱水噴出口はなかなかの出来で、クモヒトデが海底の情報をニューロンのごとく伝えあっています。
最近ご無沙汰していた「ちびくまの森」も登場です。
やはりかわいいです。

そして、実は「三葉虫」にもチャレンジしたんです。
すごいかっこいい大物を目指してつくって、除冷のあと灰からあげたところ、片目がぽろり。
モチーフが化石なので、割れても欠けてもいい!というつもりで大胆に創っているのがこの三葉虫の玉。
そうは言ってもいざ欠けると、はてさてどうしようか?
かっこいいんだけどなあ。
皆に見せたいなあ。

弘法さんではいつも、10時ジャストにどの子がだれんちの子になるか決まります。(早いもの勝ちではありません。同じ子が欲しい人同士はジャンケンです^_^)
サバヲと共同のお店は8時ごろから開けているので、ゆっくりじっくり下見も兼ねてお楽しみにきてください。


ついでにお知らせです。
新作の「その扉の向こうには」のメイキング話が、いまスタヂオ-i で連載されています。
http://iso.wcs.jp
ぜひこちらもごらんになってください。


追記:
Nさんからご依頼の空の青の薔薇のミルフィオリの玉、お仕立てできました。
Nさんならではのラブリー路線です。
うふふって感じです。
2016/12/10 20:13 Update
 « Newer   Home   Older »