まるで、ちびくま祭りです その1

おまたせしました。そろそろの弘法さんの告知をさせていただなくては!
で、今月はちょっと違うかたちでご報告です。

実は先ほど今月のグラス2Hオークションに【ちびくまの森(お花の蜜をちゅるるん)】を申請してきたところ。

この作品はここのところのお仕事のゴールみたいなものでして、そこにいたるまでの経緯を、弘法さんへ連れていく作品の紹介を兼ねてご報告したいと思うのです。

では、はじまり、はじまり

毎月、弘法さんへ連れて行く子、弘法さんに来てくださる方々に引き渡す子たちを今月はどんな子を?と悩むわけです。
今回もさあて、今月は何を生み出そうか?と考えた時、先月にひきつづき【ちびくまの森】が見たい〜というささやきがはいり、よおっし!と生み出したのがこの子。
(写真はひと作品につき2枚づつです)
ke17_4_19a.jpgke17_4_19b.jpg
【ちびくまの森】(34g)(弘法さんに連れて行きます)
「ちびくまさんの日々のくらしは、森の恵みと共にあります。
抱えているのは発光キノコのシイノトモシビタケ。
朽ち木ごと巣穴にもちかえり、お部屋の灯りにするつもりなのです。
個体によりますが、シイノトモシビタケのほかにも、粘菌やタンポポの綿毛もそおっと入っています。
(玉の底に緑色を仕込んであり、暗い所で下から光をあてるとシイノトモシビタケが緑に光って見えるようにしてあります。)」
とってもいい子でできたので、満足満足ですから、この感覚を忘れないうちにもう一匹手がけたいものです。

そこで頭に浮かんだのは先日「ガバッと玉を抱え込んだタイプのはもう作らないの?」という質問。

大昔に少しだけ生み出したガバッとタイプ、あれもとっても可愛かった。
そうしてこの子が生まれました。
ke17_4_19c.jpgke17_4_19d.jpg
【ちびくまの森(お花の蜜をちゅるるん)】(39g)(弘法さんに連れて行きます)
「ちびくまさんはお花の蜜が大好物です。大切に抱きかかえてちゅるるんちゅるるんと蜜をもらいます。このお花は花びらも美味しいの」

うんうん、でぶっとしてて、食いしん坊そうで、かわいいかわいい。
そこで思いついたわけです。
今年の桜はとてもキレイだった。
ちゅるるんと、蜜をいただくお花を桜というのはどうだろう。
そういえば、先日地元のお百姓さんが桜を眺めながら、ミツバチが少なすぎると言ってたなあ。
ミツバチの代わりをちびくまさんに頼んでみよう。
・・・と、生まれたのがこの子
ke17_4_19e.jpg
【ちびくまの森(お花の蜜をちゅるるん)】(39g)(弘法さんに連れて行きます)
うんうんと時間をかけて作ったかいはあるのだけれど。
まだまだもっともっと力強く生み出せるはず。
それに背中を下にして置いてみたところ
ke17_4_19f.jpg
うまくごろんごろんしてくれない。

そこに、ライバル増永元さんが白鯰の作品のスペシャルを追い込んで再挑戦してより良い作品にして発表したとの知らせ!!!

う〜〜ん!

・・・つづく
2017/04/19 1:25 Update