【森に棲むもの】の世界

ke20_01_17a.jpg

【森に棲むもの】

飛行機に乗って、雲の間から見える地上をながめてみます。
あれ?思ったよりヒトの住んでるところって少ないですよ?
高速道路を車で走ります。
あれれ?視界いっぱいの景色の中、ヒトを全然みかけない場所もまだまだ多いですよ?

私たちの住むところはすてたもんじゃない、この地上、人間だけで占拠していません。
そうなんです、思えばこの世界を占める生き物の総数の中で、人間の占める個体数なんてたいしたことない。
ありとあらゆる生き物があたりにいて、ご近所さんをやってくれている。


でも振り返って考えてみると、このたくさんの種類の命が同じところで暮らす中で、なぜかヒトはヒトのことばかりが気になる。

ヒトってそういう生き物だから、それが当たり前かもしれないですけれど、それってちょっと不思議で、近視で、残念なこと。
そう礒野は思うのです。

ヒトのことを意識するように、他の生き物のことも意識してみたら?
ヒトとそれ以外の生き物たちの存在をまったく同等にあたりを見てみたら?
意識のなかのご近所さんの内訳がヒトだけでなくなったら?

【森に棲むもの】にははそういう思いがぎゅっぎゅっとのっかっています。
裏山の樹々の間に棲む小さな両生類やは虫類のあの子、ルーペで倒木や落ち葉を見ないと見落としてしまうけど、確かにそこにいるマルトビムシ族のあの子たち、渓流の小さなふちで、そっとたたずむおサカナ一家のあの兄弟。

今回の展示は、いつかこの作品が欲しいと思ってくださる皆様に【森に棲むもの】のしっぽちゃんがどういう存在なのか。中に居る子たちが皆様にとってどういう存在であって欲しいのかを知ってもらう機会として企画しました。
あたりに棲む生き物たちのことを思ってあたたかい気持ちになっていただければそれはなによりの私の喜びです。

ke20_6_27h.jpgke20_6_27i.jpg
ke20_6_27g.jpg
礒野昭子の公式サイトはコチラ・・・http://iso.cx/
2020/06/26 11:13 Update