メッセージ欄

分類 【百年サナギ】 で検索

一覧で表示する

第7番目の百年サナギ

今月のスタヂオiの主役。
ke20_8_10l.jpg
7番目の【百年サナギ】体重:80.9g 身長:51mm 横幅:34mm 厚み:32mm
一体一体に個性がある中でも、最も個性的で最もアートを感じさせる1匹。


寝床におさまって眠っているところ。
ke20_8_10a.jpg
ke20_8_10m.jpg
寝床は木蓮に柿渋


ここでご紹介するのは、未来のオーナーさんにお預けする、完璧な姿の【百年サナギ】

眠っているサナギの中では命のシンボルであるウゴウゴが、おとなしく棲まわっています。

ところがスタヂオiのおはなしの中ではこの子は時ならず羽化してしまい、【百年サナギ】はウゴウゴの居ない(奇妙な)抜け殻になっているのです。

羽化した蟲をみつけ抜け殻をもとのサナギに戻すために頑張ってもらっているのはカエル星人。
その活躍に期待をかけて、いそのんは24日を待つことにします。

さて、活躍してくれているのはカエル星人だけでなく、スタヂオiやこのページの読者であるケロともさんたち。
そのアイデアと活躍でもらったピューパコインがつかえる「礒夢堂本舗」なる場所が先日とうとう出現しましたね。
売っているのはガラクタか?宝物か?
ハテサテ?????

さて、ウゴウゴの居る完璧な【百年サナギ】7/12
ご紹介をつづけましょう。

サナギの頭部。笑ったような目で眠っています。

ke20_8_10b.jpg

奇妙な愛嬌を見せたり、延々と眠る悠久さを感じさせたり、角度や見方で感じ方が変わる1匹
ke20_8_10i.jpg

寝床をひっくり返した上でゴロン
ke20_8_10d.jpg
ke20_8_10j.jpg

いそのんはこの角度でみるときの曲線の流れがとても好きです。
ke20_8_10h.jpg


そしてサナギの中の世界
ke20_8_10c.jpgke20_8_10g.jpg



さて、この子をつぎの担い手さんにお渡しするのは今月24日。
グラス2hオークションにどうどうの登場です。

それまでの間は、スタヂオiでのカエル星人の活躍をいそのんと共に応援し見守ってやってください
スタヂオi・・・http://iso.wcs.jp/

グラスオークション2H・・・http://iso.wcs.jp/
2020/08/11 20:48 Update

第6番目のサナギ

今月スタヂオiで主役になるのはこの子
ke20_7_1b.jpg
第6番目のサナギ(丸くて大きい子)

ウゴウゴが中に居る完璧な状態です。

ところがスタヂオiの中ではこのウゴウゴがサナギの中から消えてしまうということがおきています。

どういうことかというと、最初の3匹はいそのんの寝て見る夢に影響をうけて、そのあとはここのところの空気がきれいになったことを勘違いしてウゴウゴが羽化し、【百年サナギ】は【百年サナギの抜け殻】になっちゃうのです。

これは困ります。
ke20_7_1a.jpg
私はこのサナギたちを、内部に力強さを秘めつつおだやかに眠る完璧な状態でみなさまにお渡ししたいのです。

さてそこで活躍してもらうのが、あまり物事を深くは考えていなさそうなカエル星人たち。
これまでのところこの純粋さというか純朴さというか、無責任なゆるい感じが、蟲蟲たちにうまく通用しております。
この6番目の子のミッションもうまくいくように、いそのは心から願っております。

角度を変えての、【百年サナギ】6/12
ke20_7_1c.jpg
ke20_7_1d.jpg
ke20_7_1e.jpg
ke20_7_1f.jpg


ウゴウゴ
ke20_7_1h.jpg


厚みがあるので背中側の空間が深いです。
(この木蓮の寝床は制作途中の状態です。)
ke20_7_1g.jpg


約90gあるこの子。
なかなか迫力があります。
ke20_7_1j.jpgke20_7_1k.jpg

【森に棲むもの】や【カエル星人】と並ぶと、かなり大きいのがわかるでしょう
ke20_7_1i.jpg

さて、この子をつぎの担い手さんにお渡しするのは今月25日。
グラス2hオークションにどうどうの登場です。

それまでの間は、スタヂオiでのカエル星人の活躍を見守ってやってください
スタヂオi・・・http://iso.wcs.jp/

グラスオークション2H・・・http://iso.wcs.jp/
今月の開催は連休後半の土曜日です。
2020/07/02 10:41 Update

百年サナギ5/12と百年サナギと約束した考察のこと

ke20_6_22a.jpg
写真はすべて【百年サナギ】5/12
この機会にもっと見てもらいたいと、あらためて登場です。
ke20_6_22f.jpg
紹介記事にある「尾部の先っぽのちょんとなったところ」かわいいでしょう?
触った時のフォルムがまたいいんです。

ともの【百年サナギ】の寝床、今回は、木蓮の樹から切り出しました。
ke20_6_22d.jpgke20_6_22g.jpg

船のようなこの寝床はひっくり返すとあれれ?
おはなしに出てくる夢の中の「いそのん」にみえなくもない?
ke20_6_22e.jpg
今回は柿渋で塗って、濃い赤茶にしてあります。
これがまた深い緑のガラスとよくあいます。

背中側を覗くとこういう世界がひろがっています。
ke20_6_22b.jpgke20_6_22c.jpg
光がはいるとまた感じがちがって見えます。
ke20_6_16a.jpg


明日23日夜10時半を締め切りのグラス2Hオークションの晴れ舞台に立っています。
ぜひ見てやってくださいませ。

グラス2Hオークション・・・http://2h.wcs.jp/

sen506.jpg

百年サナギと約束した考察・・・おとといの記事(http://www.iso.cx/kero/0487)のつづき

百年サナギをなでながら、ヒトがヒトの存在を中心に据えないのがあたりまえな世界になったらいいのになと考えます。

例えば、住んでる家を人だけのものと考えない未来。
人にとっての(木造の)家は
自然界からすれば、枯れ木がカタチを変えたもの。
枯れ木に棲むものがやって来て棲むのはあたりまえなはず。

蛇口から流れ出る水は、川の流れが道筋を変えたもの。
水を飲みたいいきものがやってくるのはあたりまえなはず。



柱に小さな穴をあけて、子供の部屋を作るアナバチ。
風雨を避けて、屋根裏や軒下に巣をかけるスズメバチやアシナガバチ。
ここは彼女らの家で、同時に私の家だと思う。

アシダカグモたちが、ときおり水を飲みに流しや風呂場にやってきます。
ぺたんこだったお腹が、たっぷり飲んでぽこんぽこんになる。
ここは私の縄張りだけど、同時にかれらの縄張りだと思う。

植物を触っていると幸せな満足がわきあがり、
虫や他の生き物を眺めていると、穏やかな心持ちになる。
そのことはみんなが知っているし、望んでもいると思うのです。
そんな生き方はきっと、今の便利と引き換えにしなくても手にはいるのでは?
ひとつひとつのことを良く見て考えてバランスをとれば。

isonon1.jpg
2020/06/23 9:07 Update

百年サナギとの約束

【百年サナギ】との約束のこと

さて、ネットで弘法さんの受け付けもはじまりました。
締め切りまでの間、みなさまのジャンケン、グーやら、メッセージやらをお待ちする間、蟲さんたちとかわした「百年眠ったらこの世界はもっと棲みやすくなる」ことについて考えてみようとおもうのです。
まずは、今一度先日の記事の復習を。

sen506.jpg

カエル星人の必死の説得で、眠りについた【百年サナギ】5/12
ke20_6_16a.jpg

ke20_6_16b.jpg
(スタヂオiのおはなしより)
おおお!
いそのんとしてはしっかり答えねばなりません。
isonon1.jpg
自分の中の何かと自分のあずかりしらない何かふしぎなものから生まれでた作品
【百年サナギ】

その作品がこういうカタチでまた自分に考えろ!とまた自分に問いかけを返してくるのです。
sen506.jpg
ke20_6_19a.jpg
(百年サナギ5/12)

基本的に私は、今の世の中がダメとは思っていません。
これまでのどんな時代に生まれるより、今で良かった!といつも思っています。

私が小学生の時に父が、

「人間社会はね、何かを解決しようとしてやり過ぎたり、やり方をまちがったりするけどね、その過ちはまた次の時代の人が解決しようとする。そして解決しようとしてまたやり過ぎたりやり方をまちがったりする。
でもね、そうやって人の社会は螺旋を描きながら少しづつ良くなってきたんだよ。」

何かのことで、世の中に失望した私にそんなふうに語ってくれました。

それ以来、私はこの人間社会を父が言ったように思うようになりました。
今はダメだなあと思うことも、それはふらふらと大きく弧を描きながら良くなっていくまでの修正の途中だと・・・。

私は、自分のサナギを手に握り、始めは冷たいガラスが少しづつ体温に近づくのを感じながら、自分好みに物事が解決された未来についていろいろと考えるのです。

http://www.iso.cx/kero/0490につづく・・。

グラス2Hオークション・・・
http://2h.wcs.jp/


おはなしはスタヂオiでお楽しみください・・・
http://iso.wcs.jp/
2020/06/22 22:04 Update